0円日本一周 2DAY

Pocket

どうも皆さんこんにちは!
オカピです!

今日の目的地は山口県萩市須佐です。
移動距離は約92kmに目標を設定し。

しかし、この日はまだ
昨日の疲れが足に残っていたが、
頑張って笑顔を作って朝一の写真を撮影ww

その後、朝ごはんを食べ
自転車を漕ぎ始めた。


まずは20分ほどで角島大橋に到着!

この間にも小さな坂はあったが
そんな坂ですら自転車を降りて登らないといけないほどの筋肉痛に襲われていた。

そんな筋肉痛と戦いながら朝早くに到着したおかげか
周りには観光している人たちも少なく、

いいスポットで写真を撮影することができた!

しかし、
角島は一ヶ月前に来たばかりなので
そのあとは特にすることもなく次の目的地元の隅稲荷神社を目指して再出発!

元の隅稲荷神社も一ヶ月前に行ったばかりなので
道はわかっていて特に迷うことなく進むことはできたが、

俺はここからが本当にキツイことを知っていた。

なぜなら、元の隅稲荷神社に行くまでには
一つ少し急勾配の山を越えなくてはならないからだ・・・

なので、
あまりテンションが上がらないままひとまず
自分が決めた目的地を目指して自転車を漕ぎ続けた。


元の隅稲荷神社までは約30kmの道のりだが、

予想通りの急な坂続きの道のおかげで
休憩を挟みながら3時間くらいでようやく目的地に到着した。

到着はしたものの、
体力はすでに限界で結局観光することなく
一枚写真を撮影して

その後は
近くのたこ焼き屋さんでたこ焼きを買って昼食をとることにした。

ここのたこ焼き屋さんの店員さんは
大阪出身らしく本場仕込みのたこ焼きを堪能させてもらった。

すると、その途中も2組の方に声をかけられ
色々と話をして元気ももらいました。


観光しないまま、
数時間休憩したのち本日の最終目的地の萩市を目指すことにした。

そして、今日の目的地である須佐を目指して再出発!
と思っていたら元の隅稲荷神社を出るのにも
急な坂道を登らなくては行けない現実に心が折れた…

山越えを終えヘロヘロになった状態で
ひたすら自転車をこいでいると

萩市に入る手前のコンビニで自転車乗りの女性に突然声をかけられた。

足を止め、その女性としばらくお話をしていると
別れ際におやつをもらった。

しかし、嬉しかったのもつかの間
最後にその女性に萩市に行くまでの道のりを聞くと・・

なんと
また山を越えて行かなくてはならないと言われ
再び心が折れた・・・

お菓子をもらった女性にお別れを言ったあと
山を越える手前の道で
一度自転車を降りて足を休めることにした。

1時間ほど休んだあとまた出発。

17キロの道のりを約2時間半かけ
やっとの思いで萩市の中心の町に入る手前の橋で
思わず足を止めてしまった。

そこには、ただ緩やかに流れる大きな川があるだけだったが、
なぜかその時は町なんとも言えない雰囲気に
感動をしていた。

再び、自転車をこいでいると
町の中心に大きな公園を見つけた。

そこには、散歩している人や、ボールで遊んでいる人、本を読む人、
友達と話している人など

たくさんの地元の人たちがその公園で自由に過ごしているのを見て
あまりののどかさに自転車を漕ぐ気力を一気に奪われた。
(いい意味でww)

しばらくすると
太陽はすでに沈み始めていたので

今夜の寝床を急遽変更しこの町で野宿することにした。

そこで、公園にいたおっちゃんに野宿できそうなスポットを聞いて
すぐにましょを移動した。



テントを張ってすぐ、
眠りにつこうとしていると・・・

外から一人のおばあさんに声をかけられた。

その人は、
「明日、雨だから向こうの遊具のあるところに
屋根のある建物があるからそっちに移動したほうがいいよ」


なんとも親切に教えてくれた。

しかし、この時の俺は寝ぼけていて、
その方の話を軽い感じで受け流してしまっていた。


その人が立ち去ったあと
30分ほど眠りについたあと、ふと目が覚めた。

その時、あのおばあさんが入っていたことを思い出し
荷物とテントを移動させた。


そこで再び荷物を整理して、その日はすぐに眠りについた。

頂いた金額

2,050円

使用した金額

2,478円

現在の所持金

16504円

移動距離 

65キロ

宿泊

山口県萩市 中央公園

天気

晴れ

この記事が気に入ったら
シェアしよう

Twitter で

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です