0円日本一周 5DAY

Pocket

どうも皆さんこんにちは!
オカピです。

今日の目的地は鳥取米子市です。
移動距離は約75kmで目標を設定。

今朝は6時半ごろに雨の音で目が覚めた。
道の駅の屋根があるところで寝ていたおかげで今回は濡れずに済んだ。


しかし、
雨が降ってるせいで身動きができず
しばらく道の駅で待機することに。

7時頃になって昨日
出会ったカサハラさんが起きてきた。

しばらく雨が止むまで昨日のように一緒にお話をしていました。


その話の中でカサハラさんはここに来るまでの道中で
上着をなくしたと話をした。

俺は今回の旅で色々忘れ物をしていたが、
服やズボン、タオルなどの衣類だけは無駄なくらい持ってきていた。

そこで、俺はカサハラさんに自分が持ってきた
赤い上着を一枚プレゼントした。
(写真でカサハラさんが着ているやつw)



そして、10時頃ようやく雨が止んだ。

カサハラさんはそれでもまだしばらく道の駅で待機すると言っていたが、
俺はこのタイミングで出発することにした。

向かう方向もお互い反対方向だったのでここでお別れすることにした。

最後にせっかくなのでカサハラさんと一緒に道の駅をバックに写真を撮影をした。

いろんなためになる話をありがとうございました。

一時間ほど自転車を漕いでいると
天気も次第に良くなり、時折太陽が見えるほどだった。

そして、道中見つけた穴道湖をバックに写真撮影。
湖といえば地元の琵琶湖くらいしか知らない俺には、
こんなに広い湖が他にもあることを知って少し驚いた。

まぁ琵琶湖ほどではなかったけど・・・

ただ、ここの水はあまり濁っていなくて綺麗だった。
入ろうか悩んだけど、誰も入っている人がいなかったのでやめた・・・w


すの後もしばらく湖のそばを走ったが
この場所は平坦続きで走っていてとっても気持ちがいい。

琵琶一のように一周するのもオススメかも!
(俺はしなかったがw)

久々の平坦な道のおかげか、
15時頃には今日の目的地だった道の駅 あらエッサに到着した!

米子市にあると思っていたらここは島根県の安来というとこだった。

道の駅に到着する一キロほど手前で雨が降り出したので
道の駅でしばらく休むことに。

結局、雨が止むのを待って一時間休むことにした。


そして、16時になってようやく雨も止み始めたので、
体力的にもまだ余っていた俺はもう23キロほど先にある
道の駅 大山恵みの里まで移動することにきめた。

道の駅 あらエッサを出て20分ほどですぐに鳥取県に突入!

今日は思っていた以上に早く目的地に着くことができ、
時間的、体力的にもまだ余裕があったので次の道の駅まではゆっくり写真を撮りながら進むことにした。

この日もあいにくの天気ではあったが
それでも、良さそうなポイントを探しては軽く写真を撮ったりしていた。

もし、この空が青空だったらなぁ〜

そんなことを思いながら写真撮影。w

風車と空と田んぼ。

18時には目的地の道の駅到着!
道中のスーパーでビールを買って道の駅で一服。

この後、道の駅のスタッフにテントを張る許可を得ようと
交渉してみたが、

道の駅のスタッフ的には協力はしてあげたいけど、
本来ルール的にはダメとなっているので
こちらとしては「いいですよ」とは言えない。

なので、自分たちのいない間に
テントを張って、明日の朝スタッフが来る前にテントを片付けてもらえれば・・・

みたいなことを言われた。


最初はそうしようか悩んだが、
もし、明日自分が早く起きれず道の駅のスタッフさんに迷惑をかけてしまってはいけないと思ったので

近くに泊まれそうな場所がないか調べることにした。

そこで見つけたのは、
海沿いにあった公園だった。

しかし、そこにはトイレも水道もなく公園というよりただの空き地みたいなところで、周りには家などもありちょっとテントを張るにはあまりにも注目を浴びてしまうかもしれないと思い。

その先にあった堤防でテントを張ることにした。

その場所に着いた時には
ちょうど日が沈みかけていて
なんとも幻想的な感じの青と赤い空が広がっていた。

夜になると、
そこからはおそらく俺が今日漕いできた道にあった町の明かりが見え
いい感じの夜景がみれた。

この日は一度ここに荷物を置き
3キロ先にあるコンビニで必要な飲料を買い、
ついでにトイレも済ませ。

体はテントを張った場所の横にあった川で軽く汗とかを流したw

これぞサバイバル的なことをここで初めて経験した。
一応何やかんやで、体もさっぱりし、その日はぐっすり眠ることができた。

頂いた金額

1,200円

使用した金額

1,331円

現在の所持金

14053円

移動距離 

96キロ

宿泊

島根県大山町 御来屋夕日公園の海沿い

天気

雨のち曇りのち雨のち曇り

この記事が気に入ったら
シェアしよう

Twitter で

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です