0円日本一周 9DAY

Pocket

どうも皆さんこんにちは!
オカピです。

今日の目的地は福井県小浜市です。
移動距離は約43kmと結構低めの目標を設定。


今朝は6時半ごろに道の駅のおじさんに起こされた。
遠回しに出て行けと言わんばかりの口調でこの日は起こされた。

昨日一応許可はとったんやけどなぁ〜

まぁでも仕方ない!
ここはさっさと片付けをして出発しよう。

ということで、
この日は起床して15分ほどで荷物をまとめ
近くのベンチでパンを食べて7時15分くらいには自転車を漕ぎ始めた。


場所を貸してもらってる側だから
おじさんに言い返すようなことはしないし
変に逆らおうとも思わないが
正直、言い方に少しイラっとした朝だった。


まぁでも、朝早くに出発できたし
きっとそのおかげでいろんな素敵な出会いがあるはずだとわかっていたので
むしろ感謝しないと行けないかもしれないw

そんなポジティブ思考で今日も出発や!

朝は道の駅で写真が撮れなかったから
30分ほど進んだ先にある「舞鶴赤れんがパーク」でスタートの写真を撮影📸

今日は天気も良く
昼から暑くなりそうですなので早めにスタートできて本当によかったかもw

すると早速!

福井県に入る手前の道中で
一度俺を見かけ飲み物を買ってから
再度ずっと自分に会うため探し続けてくれたという
夫婦から飲み物の差し入れをいただいた。

自転車を漕いで一時間ちょいでいよいよ福井県に突入!

福井県は夏になるとよく海水浴にきているので
だんだん地元に近づいてる実感が湧いてきて
漕ぐペースも上がり始める。

とはいえ、
なんやかんや体力は続けないので
一旦、道中の「道の駅 うみんぴあ大飯」で30分ほど休憩を挟むことにした。

そして、休憩を挟むとなおさら疲れが蓄積されているのを感じる。
その上、海風が心地よくて一気に目向けが襲ってくる。


ギリ眠らない範囲で横になり、
できる限り体力の回復をはかる。

休憩を挟み、再び自転車をこぎ始めると、
また、坂道の途中で自転車を止められた。

今度は娘さんを迎えに行く途中で
自分を見かけた夫婦が声をかけてきてくれたのだ。

実家で取れたというスモモをたくさんいただいてしまった。

早く食べたほうがいいと言われたので、
次休憩する時にゆっくり食べよう!

そう思って、お二人にお礼を言って別れた。

途中、海が綺麗だなぁーって思い足を止めて
カメラをバックから取り出すと

そこには・・・

なんとも気持ち良さそうに
ゴムボートの上でゆらゆら揺られながら一人で釣りをしている人を見つけた。

自分は船酔いするからあんなことはできないが
見ているだけでなんかこっちものんびりしたくなる。

いい休日の過ごし方してるなぁ〜
そう思いながら写真を一枚撮影w


今日はいろんな人たちにと出会い、
たくさんの差し入れをもらった。

ここら辺の人たちは皆心が広くて穏やかな人たちが
多いっていう印象を受けた。

そして、12時前くらいには今日の目的地の小浜市に到着していた!


結局この日もなんやかんやで時間的にも余裕があったのでもう少し進むことに。


しかし、この後から気温が少しずつ上がり始め気づけば30度近くに

なので今日は小浜市から滋賀県の高島市まで行くことを決意!
なぜ、高島市まで行くことにしたか?

それは琵琶湖があるからだ!
だから今日は滋賀県着いたら絶対琵琶湖に入ってやると心に決めて
その一心で約30km先の目的地を目指した。


道中の山では道の脇に気持ちよさそうな
川を見てはもう一層ここで水浴びしてしまおうか・・・

琵琶湖は諦めようか・・・


いやでもここで我慢して我慢して我慢すれば
琵琶湖に入った時に一気に気持ちよくなれる!

だから、ダメだ!


そんなことを思いながら
ひたすら自転車を漕いだ・・・


そしてこのままここからはノンストップで一気に琵琶湖まで進む・・・

はずだった・・・



しかし、あまりの暑さに、一度「道の駅 若狭熊川宿」で休憩することに、
その道の駅は山道の途中にあるせいか、
日陰は風が心地よくて

最初は15分の休憩のはずだったが
結局気持ちよすぎて一時間ほどそこで時間を潰してしまった。

その間にさっきもらったスモモを食べた。

実はしっかり熟しててものすごく甘くて、水々しい。
気づいたら10個ほどあったスモモは全部食べ尽くしていたw

他にも道の駅では沢山の人たちに声をかけられ、
あるおじさんからは道の駅で売られていた水団子をいただき
また、ある夫婦からはおやつと飲み物をいただいた。

道の駅のトイレの天井ではスズメたちが巣を作って身を寄せ合っていたので、
写真を撮影。

こういうのを見るだけでこの時はなぜか心が穏やかになったw

今日はなぜか大抵のことにほっこりした気持ちを持ってしまう。w

道の駅を出発し、
その後しばらくアップダウンを繰り返してようやく滋賀県に突入した!!

福井県色々あったけど、ゆっくりできんかったなぁ〜
今度また来る時があったらゆっくりしたいな!

そして、14時頃ようやく高島市の遊泳場に到着!

そくさと到着の写真を撮った後、
ようやく待ちに待った琵琶湖にダイブ!!!


あまりの気持ち良さになぜか笑いがこみ上げた。

はたから見れば、服を着た人が急に琵琶湖に入って一人で笑ってる光景はなんとも不気味だったにちがいない。


でもそんなことは御構い無しで一人はしゃぐ俺(22歳)。

10分ほど琵琶湖で泳いだりして、暑くなった体を冷ました。

日曜ということもあってか
遊泳場にはそこそこ人がいてみんな楽しそうにご飯食べたり泳いだりしていた。

本当は仲間に入れて欲しいなぁ
とか思ったりしたがそんな勇気もなく

一人でのんびり過ごしていた。

琵琶湖から上がって、
日陰で休憩しているともう今日はここでいっかってなったので
ちょっと早いが今日はここでテントを張って寝ることにした。

滋賀県の何がいいって
琵琶湖があるし、大抵の場所でテントを張って眠ることができる。

だから野宿に困らないし、
暑い夏には本当ぴったりの場所や!


まぁ、今回のように近くには水道やトイレがなかったりするから
場所を選べるなら選んだほうがいいかもw

ちなみにコンビニも近くになかったので、
一度スーパーまで買い物をしてからもう一度この場所に戻ってきた。



その間にマックで昼御飯と充電をさせていただきました。
時間も結構経ってしまったので、
マックを出てさっきの遊泳場に戻ると・・・

戻って着たときにはさっきまでいた人たちのほとんどはすでに帰っていた。
なので、このタイミングでテントを張って

張り終えた後にまた軽く琵琶湖で水浴びをして
今日の汗を洗い流した。

その後、ほらが綺麗だったので
しばらく写真撮影をすることに。

琵琶湖の反対側には
たくさんの木があり、その木の影と空の色のコントラストが見事だった。

そして最後に、明日俺が向かうゴールの街明かりの写真を撮影。

いやぁ今日も本当にいい一日だった!

たくさんの人に出会い、応援されて
念願の琵琶湖に入ることもでき、
最後は綺麗な空を見ることができた。

本当にいい一日や。

頂いた金額

913円

使用した金額

1,000円

現在の所持金

12,089円

移動距離 

85キロ

宿泊

滋賀県高島市 今津浜遊泳場

天気

晴れ

この記事が気に入ったら
シェアしよう

Twitter で

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です